2021年6月11日金曜日

ワクチン 米・英・イスラエルの栄光 そして、アベのマスクの栄光

  伏見啓明整形外科公式ブログ 目次  

コロナワクチンの接種が日本でも順調に進んでいる。
ガース総理は1日100万件を目指しているが、今、70万回くらいでその目標は近々達成できそうである。
 というか、国家が総力を上げて、金と人材をふんだんに打ち込み、自衛隊まで出動させればこれも可能であろう。
 これからどうなるかは、これからの結果待ちである。

 ワクチン先行接種国の状況を見ると悪いものではない。
 私はワクチン慎重派であるが、これをもって
「橋本よ。アメリカを見ろ。ワクチンでコロナがほぼ制圧されつつある。レストランもイベントもどんどん緩和されているぞ。これこそが、ワクチンが有効であるという動かぬエビデンス(証拠)ではないか」と仰る方もいらっしゃる。
 その意見にはこの橋本は反対する術を持たない。

 しかし、私はワクチン慎重派から転向するつもりは今のところない。
 そこで私なりに一つ意見を述べる。
 まず、ワクチン先行接種国である、アメリカ、イギリス、イスラエルの状況を見てみよう。

 



     2021年6月3日(木)06時35分 ニューズウィーク日本版編集部

 皆様もよくご存知であろう。見事なほど減っている。
 これはワクチンのおかげなのか。
 それはある。しかし、季節性のものなのではないか、という意見もある。
  
 私でさえ、去年の12月頃に、当ブログで、「コロナはインフルエンザと同様で季節性がある。インフルエンザの発生のピークは1月中旬から下旬。故にこの時期からワクチン接種を始めたら劇的な効果があるように見えるだろう」と述べた。
 いやな警告が出ますが、かまわずにお進みください。
 
 故に我が国でも1月中旬くらいからワクチン接種を開始すると考えていたが、準備ができず、2月から開始したということは皆様よくご承知のことと思う。
 さて、「アベのマスク」を皆様は覚えていらっしゃるであろうか。
 去年、安倍元首相が日本国民のマスク不足を憂いて、国民にお配りになったあの、少し小さめのマスクである。
 私がもし「アベのマスクはワクチン制圧に劇的な効果があった」と述べたら、皆様は驚かれるであろうか。
 論より証拠。下のグラフを見ていただきたい。


 アベのマスクは4/7に配布された。
 この時、我が国のコロナ発生は今に比べたたら少ないものであったが、ちょうど4/7頃少し増えかかっていた。マスコミは「第⭕️波 到来」とか言っていた。
 その時、アベのマスクが登場。
 以後、11月までのおよそ半年間、我が国では不思議とコロナが鎮圧されていたのである。
 我が国にもこのような栄光の時代があったのである。
 これはアベのマスクによってもたらされたものであろうか。 
 いや、違うだろう。しかしグラフだけ見るとそのようにも見える、ということを私は示したかっただけである。

 さて、そのころ、世界中でコロナの嵐。コロナが猖獗(しょうけつ)を極めていた。
 日本は何もしていないのに発生件数、死亡者も穏やかで「日本にはファクターXがある」とも言われた。
 強気の自民党政府は、Go to トラベル、  Go to eat という政策を打った。

 しかし、そのあとはパッとしない。
 その原因。外人の流入と季節性変化。
 ●11月から外国とのビジネス往来を解禁。
 オリンピックを第一優先の政府はこの時に「4月から全ての外国から観光客も無制限に受け入れる」ともぶち上げていた。愚かなである。暗愚な為政者である。
 外国人の受け入れでワッと増えたのではないか。

 
あと、季節性の要因。先に述べたように冬は増えるのである。
 何とかそれもマンボーだ、緊急事態宣言だ、で押さえ込んだ。
 と思ったら、オリンピックが近づいた。
 どうしても、4月くらいからオリンピック関係者の入国は増える。 
 それでワッとまた増えた。
 札幌でもそれまで多くなった、と言っても、PCR陽性者(マスコミはこれを「感染者」と呼んでいるがそれは医学的に間違い)、5月5日のマラソン・プレ大会の前後から300人、400人くらいまでワッと増えた。
 外国人がコロナを持ってきているだけではないのか。
 季節性のもので、寒い時期は増えるのはやむを得ないとしても、
インド株のように暑さに強い変異種は季節を問わず感染力を持っているようである。

 さて、我が国でもワクチン摂取が進んでいるせいか、6/12日(土曜日)現在、PCR陽性者は減っている。
 「ワクチン接種が進んでいるからだ」と政府は言いたいであろうが、そう単純なものかな。
 「ワクチンはアベのマスクに如かず」(ワクチンはアベのマスクより効果があるかな)
 それは今後の経過を見なくてはならないだろう。

 さて、もう一度、先に示したニュースウィークのグラフをよく見てみよう。
 

 ワクチン接種先進国のアメリカ、イギリス、イスラエルのコロナ制圧ぶりはこのグラフにも現れているし、連日マスコミの報道で皆様ご存知であろう。
 でも、このグラフよく見ていただきたい。
 日本のグラフに注目だ。
 「あれ? アメリカ、イギリス、イスラエルはコロナを制圧した、とお盛んだが、何かやっと我が国と同じくらいになっただけではないのか・・・」と皆様は思わないだろうか。

 この状況を見て、副反応のリスクを犯して、我が身、親、そして12歳以上の子供にわざわざワクチン接種を受けさせる気持ちが私には分かりません。
 今時点で我が国では1800万回ワクチン接種。
 死亡者は約200人を超えたようだ。
 死亡率は10万人に一人を上回ってきたようだ。
 二回接種する人が増えてきたからかな。
 私にはワクチンを打つことは誠に命がけであるように思うぞ。

 また、ワクチンの効果というものはどのくらい続くのか。
 しっかり見ていきたいと思う。
 ワクチンを打つのはそれからでも遅くないという慎重な姿勢を今しばらく持っていようと思う。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伏見啓明整形外科公式ブログ 目次 :これが小生のブログの大元の目次です
 もっと以前のブログ 獺祭録
 さらに前の前のブログ 考えるダイエット
 私の専門は骨粗鬆症です。どのうように診療しているかのケースレポートです。
 骨粗鬆症の治療は非常に幅があり、これが絶対正解で他は誤り、というわけではありません。
 当院の公式ホームページです。新しくしました。
 当院の開院以来からあるホームページ。時代を感じさせるものとなりました。
 AdobeGoLiveで作っています。
 今も使っています。
当院の以前のブログ 獺祭録(2014年4月から2018年9月)
 以前のブログです。目次を一覧表にしました。
 自分の書いたものを残すと言うことは本当に難しいものです。
現代英文訓読法 目次 (新渡戸稲造 武士道もここにあります)
 英語を簡単に読むことができるように工夫して実践してみました。
 漢文の訓読の発想を英語に取り入れてみました。
 英語の勉強の仕方とはどうあるべきか。会話重視で良いのか。
 それをいろいろと論じてみました。
 電子カルテについていろいろ考えてみました。
 小生自身は紙カルテを使用しております。
 高校時代に勉強した「新々英文解釈研究」を研究しています。
 現代英文訓読法と「やわらかな暗記」で 「新々英文解釈研究」をしっかり素早くマスターできるようなものを作りたいと思っています。
 英語革命を目指しています。
 個人情報とは何か。これが漏洩することは何を意味するのか。これを問います。
 個人情報とは「個人秘密情報」であり、これが漏洩することは「奴隷」になることを意味します。 

 橋本の著した本をPDFで販売。「医療の未来」は製本されていて、これを販売。
 他はPDFで販売しています。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

PCR検査は不要? 半分正しい しかし、「臭いものにはフタ」ではダメ

  伏見啓明整形外科公式ブログ 目次       柔道・浜田尚里が悲願の金メダル!遅咲き30歳「異色の寝技師」難関階級を突破 オール寝技で一本勝ち  夏も真っ盛りであるが、 「ワクチンがコロナより多くの人を殺しつつある」ということが世界中で真実味を帯びてきた。  具体的な数字も出...