2021年5月9日日曜日

ワクチンを打ちたくないと考えているアスリートが多いようですね

 この記事を読むと・・・・いろいろ上手いこと言っているが・・・

ワクチンを打ちたくないと考えているアスリートが多いようですね。だから「まずお年寄りから」と言ったりする。
 美しくお互いに譲り合っている。
 しかしその実は、打ちたくない、ということでしょうか。

 当たり前でしょう。どう考えても効くはずがない。
 変異ウイルスには効かないと考えるのが妥当だし、効くと言うデータはない。
(効くと言っているのはメーカーしかいない。このような話。薬ではよくある話なのですよ)
 効くと言う理屈を聞いたことはある。しかし屁理屈にしか聞こえなかった。
 若い人は特に注意だ。
 男も女も不妊症になったり、障害児の生まれるリスクは高まると思う。
(これもデータはない。いや、あるのだが、それを否定するデータもある。)

 ワクチンも一度目よりも二度目の方が副反応が強く出ると言う。
 そのワクチンは半年しか有効ではないと言われている。
 すると三度、四度・・・と打つことになるのかな。
 副反応はだんだん強く出るのではないかな。
 そう考えるのが常識的であると思うがいかがかな。

 スズメバチに噛まれると、一度目は痛いだけで終わる。
 しかし、二度、三度となると、アレルギー反応が強く出る、アナフィラキシーショックというものが出る。
 これは命に関わります。
 死にそうになることも多いので、すぐに病院で呼吸と循環の徹底管理して治療をしないといけない。
 ところが山菜採りなどで山の中で噛まれる人が多いので、なかなか病院に行けない。
 山の中でモタモタしているうちに死んでしまうケースが一般的である。

 ワクチンは大丈夫なのかな。
 スズメバチのように私には思えますがね。




陸上新谷仁美「五輪選手だけ おかしな話だなと」 ワクチン無償提供に

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/athletics/news/202105080000596.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=大会で“ト

陸上の東京五輪テスト大会(国立競技場)を翌日に控えた8日、出場する4選手がオンラインで会見した。

国際オリンピック委員会(IOC)が、東京五輪・パラリンピックの各選手団に新型コロナウイルスのワクチンを無償提供すると発表したことについての受け止めを聞かれた。

女子5000メートルに出場する新谷仁美(33=積水化学)は、はっきりと言った。

「自分が打たないことで他の人に危険が及ぶのであれば打ちます。打ったことでの症状は異なっているので、そういう面では、正直なところ恐怖もある。症状がどう出るかは分からないので、打ちたくないなという気持ちはあります。アスリートにワクチンを打つのは、個人の意見ですが、どの命に対しても、大きい、小さいは全くない。アスリートだけが、五輪選手だけがというのは、私としてはおかしな話だなと思う。優先順位をつけること自体がおかしな話。国民であっても、五輪選手であっても、アスリートであっても、そこは平等に、どの命も守らないといけない。平等に考えていただきたいなと思っています」。

男子100メートルの桐生祥秀(25=日本生命)は、まだ自分の中でも答えは明確な見つかっていない。「高齢者の方が優先だと思う」とした上で「自分の意思のしっかりもってどこかで発言できるようにしたいと思います」。

女子100メートル障害の寺田明日香(31=ジャパンクリエイト)は「感染の不安を与えてしまったり、負担を強いてしまうことにつながるので、ワクチンに関しては打つ必要性があると考えている。ワクチンが行き渡っている国もあれば、日本のように行き渡っていない国もある。私たちが断れば、皆さんに渡れるのであればうれしい話であるが、そういうことは叶わない。動向を見ながら考えていきたい」と語った。

女子1500メートルに出場する田中希実(21=豊田自動織機TC)は言葉を選びながら「私個人としてはまだ少し怖いかなというのがある。アスリートは選ぶ権利が与えられただけ。アスリートは権利に対して考えることしかでいないかなと思っています」と話した。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ワクチン 第二次接種はいつなのか 感染爆発が起こったときの言い訳は?

「つらくてしんどくても、努力は必ず報われる。」「今はすごく幸せ。」 そんなコメントが聞けたのは東京2020大会の代表選考を兼ねた競泳の日本選手権(4月3日~10日)第2日。 女子100メートルバタフライ決勝で池江璃花子選手が57秒77で3年ぶり、涙の優勝を飾りました! そして40...