2021年5月29日土曜日

コロナウイルス 急展開

  伏見啓明整形外科公式ブログ 目次 

今日は

 コロナウイルスの原因が急展開を見せている。

 蝙蝠から人に移ったという自然発生説が主流であったが、

やはり、中国の武漢研究所から間違って市中に漏れた、あるいは、中国側が撒いた、という説がアメリカでは主流になってきている。

 急転換である。

 原因が変われば治療法も大きく変わることになるだろう。

 そう考えるのが医学の常識である。

 日本のマスコミは報じていないが、彼らは本当にボンクラだから。

 我々が知ってから、しばらくしてから報じるのが日本のマスコミである。

参考動画 1

https://www.youtube.com/watch?v=gpHRtvGQEp0

2021.05.28【ワクチン】ノーベル賞生物学者らが警鐘‼️「変異種はワクチンよって作られた❗️😱ワクチン接種で感染悪化・重症化、そして2年以内に…❓😨」【及川幸久−BREAKING−】

 ブログ主註:ワクチンを接種して2年で死亡する、とは言わないが、定期的に接種していると当たり前だが死亡する、かもしれない。というかこれだけ副反応が強い薬だから、死亡率が高まると考えるのが自然であろう。

 ラット300匹くらいに定期的に接種していたら全頭死亡したという実験結果もある。

 人間の場合なら、打って副反応が酷ければ、もう打たない、というのが普通だろう。
 それでも律儀に打っていると、死亡率は高まる。
 特に、インフルエンザで具合の悪くなる人、薬アレルギーのある人は、このワクチン亜h禁忌(きんき:絶対に接種したり飲んではいけない、という意味。医学用語)である。

参考動画 2

https://www.youtube.com/watch?v=GiNM0hH0E0Q

【ワクチン】パンデミックの責任は誰に⁉️ファウチの嘘と中共の嘘👎😩「ワクチン2021.05.29【ワクチン】パンデミックの責任は誰に⁉️ファウチの嘘と中共の嘘👎😩「ワクチンよりイベルメクチンが安全!」トランプ言及直後何故か禁止に…❗️💢【及川幸久−BREAKING−】


参考動画 3
日本でいくら自粛してもコロナ武漢肺炎ははなくならない。
外人がどんどん入国しているから。彼らは本当は2週間待機しなければならないのだが、ほとんど守られていない。政府もきちんと取り締まらないとダメ。こんなことではいくら居酒屋やc絵パートに自粛しろ、と言っても無理。

【コロナ対策】菅政権が意地でもやらない感染対策...マスク・手洗い・消毒よりも重要なコト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伏見啓明整形外科公式ブログ 目次 :これが小生のブログの大元の目次です
 もっと以前のブログ 獺祭録
 さらに前の前のブログ 考えるダイエット
 私の専門は骨粗鬆症です。どのうように診療しているかのケースレポートです。
 骨粗鬆症の治療は非常に幅があり、これが絶対正解で他は誤り、というわけではありません。
 当院の公式ホームページです。新しくしました。
 当院の開院以来からあるホームページ。時代を感じさせるものとなりました。
 AdobeGoLiveで作っています。
 今も使っています。
当院の以前のブログ 獺祭録(2014年4月から2018年9月)
 以前のブログです。目次を一覧表にしました。
 自分の書いたものを残すと言うことは本当に難しいものです。
現代英文訓読法 目次 (新渡戸稲造 武士道もここにあります)
 英語を簡単に読むことができるように工夫して実践してみました。
 漢文の訓読の発想を英語に取り入れてみました。
 英語の勉強の仕方とはどうあるべきか。会話重視で良いのか。
 それをいろいろと論じてみました。
 電子カルテについていろいろ考えてみました。
 小生自身は紙カルテを使用しております。
 高校時代に勉強した「新々英文解釈研究」を研究しています。
 現代英文訓読法と「やわらかな暗記」で 「新々英文解釈研究」をしっかり素早くマスターできるようなものを作りたいと思っています。
 英語革命を目指しています。
 個人情報とは何か。これが漏洩することは何を意味するのか。これを問います。
 個人情報とは「個人秘密情報」であり、これが漏洩することは「奴隷」になることを意味します。 
 橋本の著した本をPDFで販売。「医療の未来」は製本されていて、これを販売。
 他はPDFで販売しています。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ワクチン 第二次接種はいつなのか 感染爆発が起こったときの言い訳は?

「つらくてしんどくても、努力は必ず報われる。」「今はすごく幸せ。」 そんなコメントが聞けたのは東京2020大会の代表選考を兼ねた競泳の日本選手権(4月3日~10日)第2日。 女子100メートルバタフライ決勝で池江璃花子選手が57秒77で3年ぶり、涙の優勝を飾りました! そして40...