2021年5月19日水曜日

高齢者 ワクチン摂取の副反応

伏見啓明整形外科公式ブログ 目次 

今日の引用記事・・・

原田曜平氏 実父がコロナワクチン副反応で深刻な健康被害「国民に急いで打たせていいのか」


 このケース一つを以って、「ほら、やっぱりワクチンは危険だ」と決めつけるのは良くないし、正しくはない。
 しかし、ワクチンを打った人が増えてきてだんだん分かってきたことがある。

 まあ、これもワクチンの一つの姿 というか、3割くらいにこのような副反応が起こることは覚悟しなければならない。

 ワクチンを打っても7割くらいの人は何でもないのです。

 しかし、3割の人は苦しむことになる 苦しみの度合いはいろいろある。

コロナに暴露されても体に抵抗力があって何事もない人もいる。

きっとこのような人は大勢いるのだろう。

しかし、症状の出る人もいる。

仮に症状が出ても、3日前後寝込むと症状は回復していくるケースが多い。

もちろん重症化する人もいる。

しかし、これではワクチンを打つのと同じではないか。

「前門のコロナ、後門のワクチン」という感じである。

ワクチンを打って、熱発して2-3日寝込む人が30%ほどいる。

今やこのくらいの副反応は読み筋なのだそうである。
非常に乱暴な話である。
副反応がこのくらいだと、もっと重篤な人、亡くなる方も出ることも容易に想像できるし、実際にそうなっている。

この記事の原田曜平氏も、こんな「読み筋」の中でゴモゴモ言うくらいなら、
なんで父親に打たせたのかな。
原田曜平氏は大学の先生。相当なインテリである。
このような人が「読み筋」でゴモゴモ言うのは如何なるものか。

おれは親には打たないようにと言ってある。

皆様に申し上げたいこと。
打つなとは言わない。焦るな、ということ。
イスラエル、イギリス、アメリカはワクチンでコロナを押さえ込んだと言っている。
これらの国は1月からワクチンを打っている。
ワクチンは6ヶ月しか効かないので、6ヶ月後にまた打たなくてはいけない。つまり7月からワクチンを打つのですよ。
マスコミも政府も何も言っていないが、
ワクチンの副反応は一回目より二回目の方が強い。これは皆言っている。
すると、3回目、四回目はもっと副反応は強く出るのではないか。
マスコミも専門家も何も言わない。日本でも8月から一回目を打った人は打つのですよ。

専門家なんて何も分からない人たちでしょう。だから何も言わない。
言わないと言うことは、分からないと言うこと。無能ですなあ。
分科会ももはやコロナを広げることしかできない無能集団。
やることは、飲み屋いじめと観光業者いじめ。
もう何の効果もない。

俺にははっきりと見える。
ワクチンを打つ回数を重ねるほど、副反応は強く出る。
その本態はアナフィラキシーだから。

次のような論文があると言う。
100匹のラットにワクチンを摂取させた。
繰り返し摂取させたと言う。
何度か摂取させると、ラットは皆、死んだそうである。
この論文が本当に思えてくるよ。
(論文というものは色々なものがある。この逆にラットは大丈夫だった、という論文ももちろんあるのですよ。あと、ファイザー当たりがお金を出して研究をさせることもある。この実験では仮にラットが死んでもそのことは論文にしないでしょう。論文に書いていることが真実ではないのですよ。大事なことは色々なことを見据えて理に叶った論文を選ぶということなのです)

だからちょっと待ったら良いのではないの、ということ。
7月からイスラエル、イギリス、アメリカで第2次摂取が始まる
インドでだってするよ。
人体実験が行われるわけだ。
これらの経過を見る。
ひょっとしたら副反応でおかしくなる人が続出して、ワクチン摂取自体が中止になるかも知れませんよ。
2ヶ月ワクチンを打つのを辛抱して、この間にコロナにかからないことを神に祈り
我慢する。すぐに時間は経つものです。
 それから考える。これで良い。
 ワクチンを打った人も6ヶ月経ったら、また打つようにとの案内が来る。
 つまり8月、9月くらいからワクチン摂取の案内が来る。
 そのときにイスラエル、イギリス、アメリカらの国々の結果を見て考えたらよろしいかと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原田曜平氏 実父がコロナワクチン副反応で深刻な健康被害「国民に急いで打たせていいのか」


5/19(水) 11:19
東スポ

原田曜平氏


マイルドヤンキーの定義で知られる“若者研究”の第一人者でマーケティングアナリストの原田曜平信州大特任教授(44=前博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー)が19日までにツイッターを更新。80代の実父がコロナワクチン接種の副反応で、深刻な健康被害を受けていると告白した。

東京スポーツ


コメント:運が悪かった、というか、3割くらいに熱発し3日くらい寝こむ。これは常識。このようにこれ以上の副反応が出ることも珍しくはないということが、だんだん分かってきた。政府やマスコミのいうことを鵜呑みにすべきではない。自分の頭で考える。このようにするとたった一つしかない命が少しだけ守ることができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伏見啓明整形外科公式ブログ 目次 :これが小生のブログの大元の目次です
 もっと以前のブログ 獺祭録
 さらに前の前のブログ 考えるダイエット
 私の専門は骨粗鬆症です。どのうように診療しているかのケースレポートです。
 骨粗鬆症の治療は非常に幅があり、これが絶対正解で他は誤り、というわけではありません。
 当院の公式ホームページです。新しくしました。
 当院の開院以来からあるホームページ。時代を感じさせるものとなりました。
 AdobeGoLiveで作っています。
 今も使っています。
当院の以前のブログ 獺祭録(2014年4月から2018年9月)
 以前のブログです。目次を一覧表にしました。
 自分の書いたものを残すと言うことは本当に難しいものです。
現代英文訓読法 目次 (新渡戸稲造 武士道もここにあります)
 英語を簡単に読むことができるように工夫して実践してみました。
 漢文の訓読の発想を英語に取り入れてみました。
 英語の勉強の仕方とはどうあるべきか。会話重視で良いのか。
 それをいろいろと論じてみました。
 電子カルテについていろいろ考えてみました。
 小生自身は紙カルテを使用しております。
 高校時代に勉強した「新々英文解釈研究」を研究しています。
 現代英文訓読法と「やわらかな暗記」で 「新々英文解釈研究」をしっかり素早くマスターできるようなものを作りたいと思っています。
 英語革命を目指しています。
 個人情報とは何か。これが漏洩することは何を意味するのか。これを問います。
 個人情報とは「個人秘密情報」であり、これが漏洩することは「奴隷」になることを意味します。 
 橋本の著した本をPDFで販売。「医療の未来」は製本されていて、これを販売。
 他はPDFで販売しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ワクチン 第二次接種はいつなのか 感染爆発が起こったときの言い訳は?

「つらくてしんどくても、努力は必ず報われる。」「今はすごく幸せ。」 そんなコメントが聞けたのは東京2020大会の代表選考を兼ねた競泳の日本選手権(4月3日~10日)第2日。 女子100メートルバタフライ決勝で池江璃花子選手が57秒77で3年ぶり、涙の優勝を飾りました! そして40...